本当に良い歯医者を見分ける3つのポイント

これでもう迷わない!自分にあった歯医者を見つける3つのポイント

>

実際に治療を受ける時に見極めるポイント

口腔内を清掃してくれる

歯医者さんへ行くと歯科衛生士が口腔内を清掃してくれて、その後に治療が始まります。
しかし質の悪い歯医者さんではその手間は省いてしまうので、口腔内に細菌が付着したままになってしまいます。その上で歯を削ったり抜歯をしたりすると細菌が歯の奥に入ってしまい、炎症を起こす事もあります。
もう一つのポイントとしては、治療中に歯の写真を頻繁に撮ってくれるところは期待出来ます。レントゲンでは無く治療過程を確認出来る様に写真を撮る事で、口腔内がどの様に変化していったのかを患者さんに説明しやすくなります。歯科医師の中には写真撮影を行わない治療は歯科治療に入らないと断言する方もいる程、過程の確認は重要なポイントになります。

むやみに抜かない・取らない

虫歯がひどくなると抜歯や神経を抜く必要が出てきますが、これは重度の場合に限ります。軽度の場合は消毒をすれば良いですし、近年では特殊なガスを使って虫歯菌を除去する治療もあります。
それなのにむやみやたらに抜歯、神経を抜こうとするところは注意が必要です。別の項目でも説明しましたが、永久歯は一度手を加えると元に戻す事は出来ません。しかも周りも歯も強度が弱くなったり、黒ずみやすくなったりするので出来る限り抜歯、神経を抜かない処置をする歯医者さんがベストです。
但し、無理にこちらが抜きたくないと言っても虫歯が重度であれば、これらの処置をしなければなりません。歯科医師とコミュニケーションを取って、納得の行くまで話し合う事が大切です。


TOPへ戻る